布団太鼓台製作の梶内だんじりや HOME > 部門&職人紹介

梶内だんじりや 部門&職人紹介

部門&職人紹介
部門紹介

●刺繍部門

幕や提灯・布団締めなど、刺繍・飾り製品の新調から修理まで行っております。また、鈴緒・バチ・ハッピといった祭礼用品全般も取り扱っております。

刺繍部門

●金物・塗部門

飾り金具製品の図面の作成・仕上げを行っております。また、彫り物の彩色や漆塗りからカシュー塗りまであらゆる塗りに対応しております。

金物・塗部門

●木工部門

お客様との打合せの上、図面を作成し、木材は乾燥した物を使用しております。仕上げは手鉋による丁寧な仕上がりとなっています。

木工部門
職人紹介

●刺繍部門 代表取締役社長:梶内 純治(かじうち じゅんじ)

この道一筋40年、初代 梶内近一から受け継がれてきた伝統の技をもって、一針一針、誠心誠意込めて制作しております。
確かな技術と豊富な経験で、お客様の期待以上の製品を作るよう、職人一同心がけて製作しております。

刺繍部門 代表取締役社長:梶内 純治(かじうち じゅんじ)

●大工部門 主任:佃 明(つくだ あきら)

木材は、盤の状態で数年寝かし、受注後、使用寸法に製材そしてまた数ヶ月自然乾燥させた木材を使用します。
形状については、お客様の意向をお聞きし、また出来る限りその土地・お祭りを見学し、だんじり・太鼓台の使用方法を確認してから形状を決めています。
町のシンボルとして皆様に長く愛される、だんじり・太鼓台作りを心がけております。

大工部門 主任:佃 明(つくだ あきら)

●大阪支店長   梶内 俊彦(かじうち としひこ)

四天王寺と一心寺の御門前近くで60余年 神具・祭具の販売を中心に営業を続けております。先代たちの意思を重く受けとめ、本店とともに日本の祭りで地域の活性化に役立てればと思っております。

大阪支店長 梶内 俊彦(かじうち としひこ)

だんじりやの自慢の職人技の中でも、神輿の製作やだんじり(壇尻・地車)の製作には、お客様からたいへん好評を得ております。 

神輿の製作についてはコチラ
 → だんじり(壇尻・地車)の製作についてはコチラ